中国軍の
JH7型戦闘爆撃機が危険な軍事行動を
起こしています。

CNNによると、

国防総省のクック報道官は、
中国の山東半島から約130キロ東部の黄海上空で今月15日、米軍の偵察機RC135のすぐ前を
中国のジェット機が横切った、
とのことです。

昨年も、似たようなことが起きています。

兵器を搭載した中国の戦闘機が
米海軍の哨戒機P8に接近しました。

そして、
搭載している兵器を見せつけたそうです。

中国が搭載している兵器を見せつけた
件に関しては、何の兵器なのか、兵器の名前など具体的に事前調査していること、読めていることがあり、文末でご説明します。


【中国の戦闘爆撃機JH-7
中国語で殲轟(ジエンホン)7について】


中国語で殲轟機(せんごうき)と言います。

日本語で言う戦闘爆撃機をさします。

殲轟機(せんごうき)の 中国語の読み方は、
ジエンホン・ジーです。

●用途は、戦闘爆撃機です。

●設計者は、
西安(シーアン)飛機工業公司です。

●運用者は、中国人民解放軍(空軍・海軍)です。

●初飛行を行ったは、1988年12月14日
で、運用開始したのは、1992年です。


【特徴について】

●全天候型 戦闘爆撃機です。

どんな天候にも対応出来ます。

●老朽化したQ-5攻撃機の後継機です。

●過去には、ロシアのコピー機が
多かったですが、
現在は中国が開発、製造して
中国の国産品を使っています。

……………………………………

【ボクのコメントと読み】

中国が搭載している兵器を見せつけた
件ですが、

何の兵器なのか、
事前に調査していました。

可能性が考えられることを書きます。

次のミサイルです。

ミサイル名は、ナイキエイジェックス
の可能性があります。

形は、戦闘機のボディや翼の真下に
つけるため、戦闘機のボディのサイズに応じた
筒型です。

色は、シルバー、白色、グレーが多いです。

搭載している数は、
ボクが写真を見て数えられた数を書きます。

ボディに5 ~7 本、
翼に片方6~10本ぐらい、

他に予備があるはずだから
合計で40 ~ 50本ぐらいだと思います。

ナイキエイジェックスは、
基本的にアメリカ製です。

アメリカからイスラエル経由で
中国に渡っているものもあります。

現在、中国が使っているものは、
中国製がすべてかどうか、わかりません。

少しずつ、中国製になるように
切り替えている可能性もあります。

【なぜ、
ボクがわかったか?について】

沖縄の米軍基地「キャンプハンセン」の中の
山がある奥地には、
ミサイルが金属製チェーンでグルグル巻きに
されて、金網の中に保管されてます。

米軍兵士の友達に案内され、
直接、肉眼で見せてもらいました。

アメリカ大統領の命令ひとつで
日本をこなごなに出来るミサイルも
用意している、とのことです。

目撃したミサイルの名前を知りたくて
Wikipediaの系列の英文媒体や
軍事専門書で調査したところ、
ミサイルのナイキエイジェックスでした。

3年ほど前に、読売新聞などで
尖閣周辺に接近した
中国の戦闘機の写真が載りました。

戦闘機のボディの下にたくさん
ナイキエイジェックスと同じミサイルを
搭載していました。

ミサイルを、見せつけてるように要は、ボディの下側の腹を見せるように飛行していました。

上記の記事の兵器を見せつけるように…、
というのは、同じパターンだと思います。

意識してみてください!

他に可能性が考えられるのが、
下記の画像にある
中国戦闘機J10の空対空ミサイルです。


IMG_20150923_194409


……………………………………


صلاة ‎LOVE and PEACE صلاة‎

世界のすべてが平和でありますように


筆者プロフィール

サラート永山

(サラートはアラビア語で
平和という意味。
イスラム過激派によるテロ事件が
これ以上、起きないで欲しい!
という気持ちでつけた名前。
イスラム過激派の仲間ではないので
ご安心ください!)


学生時代の専門は経済学。
広告代理店(営業、コピーライター)
テレビ局(財務)を経て、
現在は軍事・テロ・政治哲学専門の
ジャーナリストとして修行中。

テレビ局時代、側近の上司が
湾岸戦争の現地記者で
苦労話を目の前で聞かされる。

陸上自衛隊、レンジャー部隊の
訓練経験者でもある。

そのような経歴の影響で
軍事・テロのジャーナリストの
仕事に関心を持つようになる。

斬新な切り口で、軍事・テロ専門の
裏側情報をお届けしたい思いから
このブログを始めました。

日々、勉強中です。
応援頂ければ幸いです。