はじめに

中国サイバー部隊 の
61398を「ロイター昨夜」
と覚えると忘れにくいと思います。

年金情報流出の犯人は
中国サイバー部隊の 61398だという
根拠と彼らの目的について、
調べたので、
わかりやすく解説します。

……………………………………

今年、6 月1日 に発覚したことです。

警視庁公安部は、特別チームを組織し
極秘捜査を展開しました。

犯人を断定したのです。

犯人から、
職員宛てに次のメールが来ました。

「厚生年金基金制度の見直しについて
(試案)に関する意見」

職員たちは何の躊躇もなく
開封しました。

その瞬間、
メールに埋め込まれていた
マルウェアというハッキング用の
不正ソフトウェアが職員のパソコンを通じて
メインサーバーへと侵入しました。

内閣サイバーセキュリティーセンター
(NISC)は、不審な通信を発見したのです。

犯人が判明しました。

警察が情報流出を確認したと報告しました。

担当したのは、
生活安全関係の情報セキュリティ部門です。


【犯人判明の根拠について】

送りつけられたメールや
通信の解析を進めていくうちに
いくつかの物証が、
ある国の一点に関連づけられたのです。

度々のサイバー攻撃を受けて、
そこで使用されたデータや通信を
データベース化している外国の情報機関から
それを裏付ける情報もありました。
(官邸関係者)

物証とはある国のハッカーグループです。

警察は、これは犯罪ではなく、
諜報活動だ!と断定しました。

スパイやテロを取り締まる
公安総務課が動き出しました。


【中国人民解放軍61398部隊が
      あぶり出される!】

外国情報機関からの情報もあわせて、捜査しました。

その結果、
ハッカーグループの所在地は
中国の上海など複数の都市であることを突き止めたのです。

ハッカーグループの運営は、
中国人民解放軍の61398部隊です。

61398部隊の別働隊、
組織であると判明したのです。

FBIはこの組織を、
アクシオムと名づけました。

中国のインターネット環境は
中国政府の監視下にあります。

61398部隊は昨年5月、
アメリカ大手鉄鋼会社などの企業から
情報を盗んだ容疑者として
アクシオム司法当局に起訴されています。

オバマ大統領は、
中国のサイバー能力を優秀と評しました。

警察は、今回の年金流出を
中国人民解放軍が日本に対する初めての大規模な
サイバー攻撃を仕掛けた

と受け止めました。

今後、容疑が固まり次第、
何らかの形で公式発表することも
視野に入れているそうです。


【誰の指示か?】

諜報活動であるなら、
国家の戦略に基づいた

国家指導者による明確な意志により
行われた行為です。

中国のトップだろう!という結論になります。


【中国の目的について】

内閣官房 幹部職員が考えていることをまとめます。

●日本政府を混乱させようとしている

●年金基金のパソコンから
他の政府機関への侵入を試みようとしたと考えるのなら重大な問題を見誤る。
従って、それは、違うだろう…

真の狙いは、何か?

年金基金のサーバーから抜き取られた個人情報はターゲットではない。

中国の策略は、二段階に分かれています。

●第一段階

全日本人の個人情報のデータベース化

日本人に関するビッグデータを集める

それを裏付けるように
年金機構の事件の発覚後、次のような
情報流出事件が立て続けに起きています。

■東京商工会議所が
サイバー攻撃を受けてセミナー参加者の個人情報流出

■防衛省共済組合運営の
「ホテルグランドヒル市ヶ谷」が
サイバー攻撃を受けて
宿泊客の個人情報流出


●第二段階

集められたビッグデータの中から
安全保障や外交に関わる人を割り出し
名簿を作成する。

それを元にして機密情報に接することの出来る人のパソコンに侵入します。

それを元にして、人をだまして協力者に仕立てたり、

脅迫して国家戦略上の
最重要情報の入手を試みようとしています。

それらは、今後の大きなサミットなどの脅威となります。

サミットなどの時は、警備体制が
厳しくなります。

警察や防衛省幹部の動きのパターンとサイクルの警備計画が、
露出度の高いペーパーになります。

それと中国が新しく作成したデータベースを照らし合わせれば、

日中有事の時の
「暗殺対象者」の把握が出来るのです。


暗殺対象者という言葉は、
スパイ・マフィア映画みたいで
とても怖い言葉です。

が、
暗殺事件が起きている国なら
どこの国でも、
このような暗殺対象者の
割り出しは行っています。

中国が日本を乗っ取りたくて
狙っているなら、それぐらいの策略は
朝飯前かもしれません。

中国語で作戦のことを策略と言います。

今後の中国の策略について
勉強させて頂く機会を作りたいと思います。

また、お読み頂ければ幸いです。

シェイシェイ!
シャツ ツァーライ!
(中国語)

ありがとうございます。
また訪問してくださいね!
(日本語字幕スーパー)

……………………………………

صلاة ‎LOVE and PEACE صلاة‎

世界のすべてが平和でありますように


筆者プロフィール

サラート永山

(サラートはアラビア語で
平和という意味。
イスラム過激派によるテロ事件が
これ以上、起きないで欲しい!
という気持ちでつけた名前。
イスラム過激派の仲間ではないので
ご安心ください!)


学生時代の専門は経済学。
広告代理店(営業、コピーライター)
テレビ局(財務)を経て、
現在は軍事・テロ・政治哲学専門の
ジャーナリストとして修行中。

テレビ局時代、側近の上司が
湾岸戦争の現地記者で
苦労話を目の前で聞かされる。

陸上自衛隊、レンジャー部隊の
訓練経験者でもある。

そのような経歴の影響で
軍事・テロのジャーナリストの
仕事に関心を持つようになる。

斬新な切り口で、軍事・テロ専門の
裏側情報をお届けしたい思いから
このブログを始めました。

日々、勉強中です。
応援頂ければ幸いです。


  ★スマートフォン対応版 告知!★

ニューリリースの発表です!

特に国際情勢の記事の訪問者数、増加に伴い、政治経済・軍事・テロの専門用語や歴史の辞典サイトを開設しました。

サイト名は、「 サラート永山の超わかりやすい!テロ・軍事・政治経済 専門用語・歴史辞典 」です。

URLは、http://sallt-smile-nagayama.blog.jp/ です。

今後は、動画・静止画やニュースサイトのリンクを導入したキュレーションサイトとも連携して、さらなる利便性の向上に努力していきます!

今後とも よろしくお願いいたします。



  ━追記━

中国が米軍の戦艦や軍用機に対して追尾する目的について

数々の軍事専門書、Webサイトを読んだボクの分析です。

追尾する行為を軍事用語で「心理戦(神経戦)」と言います。

目的は、敵国の神経を緊張させて疲れさせて、判断ミスをさせることです。

判断ミスさせて、米軍や自衛隊に誤射させて、正当化した形で反撃する形の宣戦布告をたくらんでいるのかもしれません。

例えるならば、チンピラが自分たちのベンツなどの高級車を自ら、他の車にぶつけてきて、相手が先にぶつけてきた!と警察に訴えて損害賠償請求する、

という詐欺のような行為に違いです。

詐欺という表現だと、中国に怒られるかもしれません。

が、
中国にとっては、それが当たり前の策略なのです。

そのような見え見えの真っ赤な嘘をついて、バレても嘘をつきぬくのが、
中国の方針だ!と国際情勢の雑誌の評論記事に書いてありました。

執筆者は、軍事専門家です。

中国の目的は、軍事行為ではなく、
人民元の地球規模の膨張です。

そのためには、
中国の政府、金融界、軍事が一体となり、自分たちの領有権を守り抜き、
地球の大半を統治しないとなりません。

そのプロセスの一環として、軍事があるのです。

従って、中国にとっては、南シナ海などの軍事展開や米軍などとの小競り合いは、ごはんにふりかけをかけるような、小さなことだと思います。

一大事だと大騒ぎしている日米よりも、中国は小さなこと、当たり前の法的措置だと捉えていると思います。

先ほど、大型書店で、中国による核戦争の可能性を示す軍事専門書を
複数、下見してきました。

なんと、執筆者はテレビ局の記者という本が複数ありました。

別の見方をすると、このハプニングは、中国 対 日米の戦争より、テレビ業界 対 Web業界の戦争だと思います。

テレビ業界は、Web業界に負けないために、大げさに表現して執筆しないと生き残れません。

中国から見て、どうなのかな?と疑問に感じてます。

皆様も、大型書店で核戦争に関する本を下見してみては…

なぜ、執筆者が、防衛省などの関係者ではなく、揃ってテレビマンなのか?一緒に考えてくださいませ!